錯視

子どもと一緒に行くと絶対に楽しい!反重力展 in 豊田市美術館

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote follow us in feedly
僕と三姉妹で、豊田市美術館で開催していた「反重力展」に行ってきました。
※豊田市美術館での開催は2013/12/24まで

反重力展
反重力展


この美術館は建築物としてもカッコいいんです。



感想を一言。
コレは絶対に楽しい!
特に子どもと行くと楽しめること間違いなしです。

スポンサードリンク
 



続きを読む




どんな感じに見えますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote follow us in feedly

下の二枚の画像を見て、どう感じるでしょうか?

ピサの斜塔 右の方が傾いて見える

モチーフは、ご存知「ピサの斜塔」。

右側の画像の方が、より右に傾いて見えるでしょう。
別のアングルから撮影したように。

 

 

実は、二枚とも同じ画像なんだそうです。

眼の錯覚により、右側がより傾いて見えるようですが、詳細は以下。

 この現象が起こるのは、視覚系が2つの画像を、1つの風景の一部であるかのように処理するためだ。
 通常は、2つの隣り合った塔が同じ角度で建っている場合、遠近法により、塔の輪郭線は視界の中心部にある一点に収束するようなかたちになるはずだ。視覚系はこのことを計算に入れている。
 そのため、輪郭が平行関係にある2つの塔の画像を突きつけられると、視覚系は2つの塔が上に行くに従って離れているはずだと思い込む。そのためこの錯視が生まれるのだ。

だそうだ。

 

 

ホントに〜?

と疑わしかったので、フォトショップで二枚を比べてみた。

ピサの斜塔 画像を重ねてみた

左の画像をコピって、右側に重ねてみた。
ピッタリ重ねちゃうと分かりにくかったので、少しズラして。

 

う〜ん、確かに全く同じ写真でした。
眼の錯覚ってすごいね。

他にもこんなのも紹介されていました。 ⇒こんなの

 

 

 

今日の一枚。

ラシックのクリスマスツリー

ラシックのクリスマスツリー。
昨日のJR名古屋高島屋のツリーと比べてみてください。





USBメモリウイルスの感染にご注意を!
ウイルスからMacを守るウイルス対策ソフト「ESET Cybersecurity」

楽天トラベル株式会社


スポンサードリンク

Search

ブログ内を検索
follow us in feedly

Profile
よさブログFacebookページ

管理人
印刷会社のデザイナーとして10年勤務後、ソフトウェア会社に転職という変わり者

趣味
B'z・サッカー観戦・スノボ・ショートスキー・アウトドア全般・写真(デジカメ含む)・パソコン・デジタル機器・雑学

解説

免責事項
表記している価格は調査時点のものです。正しい価格は iTunes 内の表示価格になりますので、アプリケーションの購入前には必ず iTunes での価格をご確認ください。

ブログ内で書いている各種操作は、私の環境で起きた現象です。各種操作は自己責任で実施願います。
track feed 今日のひとりごと yosablog