卒展

愛教大の卒展に行ってきました

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
今日は午後から、我が母校、愛教大の卒展を観に行ってきました。

31

刈谷市美術館で、今日までの開催。
10年以上ぶりの卒展。
昔とは場所も違い、教育課程の美術科と合同という点も違います。
いろんな懐かしさや新しさも含め、楽しめました。



僕も愛教大の総合造形コース(今は造形文化コース)のガラス専攻の卒業生で、卒業後5〜6年は卒展にも行ってたんですが、行かなくなりました。

その頃の卒展は、あまりにも作品のレベルが低く、観に行っても楽しくなかったんですよね。5〜6年も経つと知ってる卒業生もほぼいないし。

では、10年以上観に行っていなかった卒展になぜ行くことになったのか。
たまたま愛教大のガラス専攻の人とFacebookで友達になり、今春卒業とのこと。もちろん卒展にも出展します。
卒展はしばらくぶりだし、知り合いが出展するなら、観に行ってみようかな、という訳です。

もちろん、FB友達にも会って来ました。
FBで友達になって、リアルに会うのは初めて。
そもそも会って分かるのかドキドキでしたが、何とか合流成功。
知り合いなのに「初めまして」から入る変な感じに戸惑いもありつつ、短い時間でしたが楽しく話すこともできました。

何度も言ってますが、改めて言います。
「Facebookってすげぇなぁ」



さてさて、肝心の卒展はと言うと、一言で言えば「完成度が高い!」。

作品のレベルに差があるのは仕方ありませんが、高いレベルにある作品がもの凄い完成度です。
「本当に学生か?」と思えるものもチラホラ。
特に僕らの頃はなかった「プロダクトデザイン」と言う専攻が、もう驚きでしかなかったです。

卒業制作の展示と言うより、商品発表とかプレゼンのレベルですね。

「プロダクトデザイン」と言うだけあって、実用性を前提に考えられているんですが、今すぐ売れますよ。

僕らの頃は、各年度に2人、優秀賞みたいなのが与えられていましたが、今はないようです。あれば1つは間違いなく選ばれる作品です。



他にも自分がガラス専攻だったからか、ガラスの作品が良かったですね。



プロダクトデザインに次いで良かったのが、美術科・デザイン研究室の作品

コンセプトの提案であるものの、そのままプレゼンに使えるレベルで、自治体や企業にはマジでこれらを採用して欲しいぐらい。

問題点の洗い出し、考察に始まり、プロトタイプまで。プロトタイプと言いながら、そのまま採用して良いレベルです。


教育大だけあってか、教育をテーマにしたモノもあり、嫁(保育士)に見てもらいたかった。



Facebookが縁で、久しぶりに訪れた卒展。
思いのほか良い時間を過ごすことができました。
また来年も見に行こうと思います。
子連れで。

子ども達には少しばかり退屈かもしれませんが、こういった物にも触れて欲しいので。





オマケ。
僕の卒業制作。
今ウチにあるのは、ほんの少しだけで、これは30cmぐらい。このサイズの作品が6つと、60〜100cmサイズの作品を6つ出品しました。
メインはデカい方なんですが、作品も写真も手元にない。

09


今見るとかなりショボイですね。
こんなんでレベルが低いとか、よく言えたもんだ。

33





もう一つオマケ。
刈谷市美術館にあったベンチ。
さすがに美術館のベンチだけあって、オシャレ。

06




2012.02.28 追記
作者の方のご指摘により、作品の写真を削除しました。
作者、及び関係者の方々にはご迷惑をお掛け致しまして、大変申し訳ありませんでした。
この場を借りてお詫びい致します。




母校、愛知教育大学を訪ねて

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
昨日の土曜日、ふらっと母校を訪ねました。
嫁が研修でいなかったので、三人娘と僕で。
最後に行ったのは7年ほど前だと記憶していますが、それすら定かではない程、久しぶりです。

61A0C18C-6F67-4893-B069-021D198FBBA6



訪ねた母校とは、愛知教育大学。
愛知県刈谷市の郊外にある、単科大学です。

教育大学とは言いながら、僕が入学した20年ほど前から、教育課程と総合科学課程に別れ、一学年約1,000人の学生のうち、半数が教員免許を取得できない課程でした。

僕はこの総合科学課程の総合造形(今は造形文化)と言う学科に在籍し、ガラス工芸を専攻していました。
ちなみに僕は三期生。

こんなイメージのガラスを勉強してました。


Glass blowing / Andy M Smith




他には、陶芸・金工・漆芸・織があり、学芸員の資格を取ることもできました。
左の棟が、金工・陶芸・ガラスの工房ですが、あまり変わっていませんでしたが、年月は経過しているので、20年前は新築ピカピカだった工房も、それなりに変化はありました。

543DB6BE-AD4F-40C1-B443-FACB6AB3BD48



しかし、大学自体は大きく変わっていたところもあり、共通棟と呼ぶ一般教養を学ぶ校舎は綺麗になっていました。
各教室はエアコン完備だし、ネット環境も充実しているようでした。
写真はただの廊下ですが、僕らの頃は右の窓はなく、ベランダみたいに吹きさらしでしたからね。

446F77E8-7251-41B3-8332-8A0583FF5C47



さて、ガラスに話を戻します。
20年前にもありましたが、学生の作品を100円均一で販売もしています。
販売といっても青空市場みたいに「100円/個を置いて持って行ってね」スタイルです。

29384E46-1F90-4CD5-B9EF-2FF72D4310D9



良さ気なモノを、2つほど購入。

D58D8786-DB29-41C9-833B-9E347C0A6017



一つはピンがついていてブローチになってました。
ブローチにしては重いので、実際はオブジェになるでしょうが。

E9DB2EBE-5FA4-415D-8828-D28BB018C339



今の時期は卒業制作展の時期です。
やはりポスターがありましたね。

6842CFC2-340A-490B-A302-353EBA6C3122

愛知教育大学 美術・造形文化・大学院美術専攻
2011年度卒業・修了制作展

■日程:2012年2月22日(水)〜26日(日)
■時間:9:00〜17:00(最終日は15:30)
■場所:刈谷市美術館 http://www.city.kariya.lg.jp/museum/ googleマップ



今回の卒業生には、Facebookで友達になった人もいるので、卒展を見に行くつもりです。
卒展自体、10年以上行っていないと思いますが、久しぶりでもあるので楽しみです。



ふとしたキッカケで母校に足を運ぶことになりましたが、久しぶりの母校はそれなりに楽しかったです。
子ども達も、自分の周りにはない環境での散歩だったので、楽しかったようです。
子ども達が知っている学校といえば、小学校ぐらいです。
小学校とは何もかも規模が違いますからね。

後期試験も終了し、学生も少なく、大学生協も営業していなかったので、今度はもう少し賑やかな頃に行ってみようと思います。

学内を子連れのオッサンが歩いている姿は、ちょっと違和感ありますけどね。



2012.02.28 追記
作者の方のご指摘により、作品の写真を削除しました。
作者、及び関係者の方々にはご迷惑をお掛け致しまして、大変申し訳ありませんでした。
この場を借りてお詫びい致します。




USBメモリウイルスの感染にご注意を!
ウイルスからMacを守るウイルス対策ソフト「ESET Cybersecurity」

楽天トラベル株式会社


スポンサードリンク

Search

ブログ内を検索
follow us in feedly

Profile
よさブログFacebookページ

管理人
印刷会社のデザイナーとして10年勤務後、ソフトウェア会社に転職という変わり者

趣味
B'z・サッカー観戦・スノボ・ショートスキー・アウトドア全般・写真(デジカメ含む)・パソコン・デジタル機器・雑学

解説

免責事項
表記している価格は調査時点のものです。正しい価格は iTunes 内の表示価格になりますので、アプリケーションの購入前には必ず iTunes での価格をご確認ください。

ブログ内で書いている各種操作は、私の環境で起きた現象です。各種操作は自己責任で実施願います。
track feed 今日のひとりごと yosablog