初体験

ピアノの発表会

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote follow us in feedly

piano image

ウチの長女(七歳)と次女(四歳)は、ピアノを習ってます。

長女は四歳からヤマハの音楽教室で。
引っ越してからは、個人の教室で。

次女は引っ越して来てから、長女と同じ個人の教室で習ってます。

 

そのピアノ教室の発表会がありました。

ヤマハの時も発表会はあったけど、10人ぐらいで一度に同じ曲を弾いて、発表会と言うよりは学芸会と言った感じでした。

今回は一人ずつグランドピアノ(スタンウェイ)で弾きます。

発表会会場

団体演奏も緊張しただろうけど、個人で演奏だと、もっと緊張するだろうなぁ。

観客はヤマハの方が、断然多いんですが。

 

 

朝10時に集合して、衣装に着替えてリハーサル。

この時点ですでに緊張してる感じだ。

でも、演奏は完璧!
(親バカ?)

次女の演目は、
  ・たのしいおはなし
  ・ゆめのなかのおほしさま
  ・かえるのうた
の三曲。

三曲目の「かえるのうた」は、次女と長女の連弾です。

 

発表会に出ると決めたのが半年ほど前。
連弾をやろうと決めたのもその頃。

当たり前なんですが、最初の頃は全く以って連弾になってませんでした。

次女はまだ上手く弾けないし、長女は次女に合わせて弾こうって気が見えないし。

 

ところが今日は、何とかどころか、ちゃんと形になってました。

次女がちょっと詰まっちゃった部分も、長女がそれに合わせる様に弾いて。

君たち、大きくなったねぇ。
技術的な事はもちろんですが、次女を思いやる長女の心の成長が見れて、とても良かったです。

なまじ完璧に弾いてしまうより、良かったかもしれません。

 

 

長女の演目は、
  ・つばめ
  ・マーチ
の二曲。

一応両手で弾いてはいるものの、単音だけの次女の演奏とは違い、両手で流暢に和音を含めて弾く長女。

緊張しぃの長女は、リハーサルでさえかなり緊張気味だったのに、リハーサルとは違って観客が多いからさらに緊張。

客席から観てるだけで、緊張してるのが分かる。

長女にとっては、これがデフォルトと言えばデフォルトなんですが。

 

その割りには演奏はバッチリ。
さすがは三年習ってるだけあるな。

 

 

最後に出演者全員で集合写真を撮ったんですが、自然な可愛い笑顔ができる長女に対し、うまく笑顔が作れない次女が、頑張って笑顔を作って返ってひきつった顔になってるのが笑えました。

次女よ、無理に笑顔にしなくても、普通の顔でイイんだよ。

 

 

 

今日の一枚。

会場の照明

発表会の会場の照明。
ちょっとオサレな感じだったんで。





家族スキー二日目

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote follow us in feedly

酒盛りで、朝の四時過ぎまで起きてたのに、八時前には子ども達にたたき起こされました…。

超ネムイっす。

 

長女がスキーをやってみたいと言うので、ショートスキーの準備をして、いざゲレンデへ。

今日は郡上高原スキー場へ。

 

子ども用のスキー一式を借りて教え始めようとした時に、事件発生!!

俺のブーツが割れた。orz

割れたブーツ

もう15年ぐらい前に買ったブーツだし、ここ三年は使ってないから、劣化しちゃったんだろうね。

ウチで履いてみたときは、大丈夫だったんだけどなぁ。
仕方なく、ブーツだけ借りました。

 

 

全くの初心者にスキーを教えるのって、
  板の履き方
  転び方・起き方
  方向転換
  カニ歩き
なんかから始めるんだけど、六歳の子どもにそんなことから教えてたら、それだけで一日終わっちゃう気がして、いきなりボーゲンから。

斜面を2〜3m押し上がって、板をボーゲンの形に整えて、一応は
  膝の位置
  体重の掛け方
だけ教えて、滑らす。

10mほど滑って勝手に止まるまでは、ボーゲンの姿勢をキープです。

姿勢キープが何となくできたら、リフトで上まで。
上までって言っても、超初心者向け家族向けゲレンデだから、まさに初めてスキーをする人にはぴったりです。

もちろん、イキナリ一人で滑らせる訳ではありません。

 

長女の後ろに立って、抱えるような形で一緒に滑ります。
止まったり曲がったりができなくても、ちょっと腰が引けるような斜面でも、転ぶことなく滑って降りてくることができます。

スキーの練習って言うよりは、単なる遊びですけどね。

でも、スピード感に慣れることはできるし、間近に俺の板の動きを見れるから、板の角度を覚えることもできます。

まぁ、もう少し滑れるようになってからの話ですが。

 

結局、3回ほどそうやって一緒に滑ったり、俺が逆向きになってストック持って一緒に降りてきたり、下の方で坂を押し上がって、止まる練習をしたり。

最終的には、途中からですが、一人で降りてくることができるぐらいにはなりました。

自分の意思で曲がったり止まったりはできませんが。

 

長女は努力の人なので、自分の納得いくまで練習したおすんですが、今回はすぐにできるようになったほうかなぁ。

ただやってみたかったスキーが、思いのほか楽しかったらしく、スキー一式買うことになりそうです。

でも、板はともかく、ブーツは1シーズンしか使えないだろうから、ブーツだけ毎回レンタルにしようかな〜。

 

 

長女と一緒に滑ってるのを観て、次女と三女も当然。。。
二人は板がないので、まるっきり抱っこです。
三女(二歳)はともかく、次女(四歳)は降りてくる頃には、ももがプルプル。

まぁ、二人ともすこぶる笑顔で楽しんでたんで、良かったんですけどね。

 

今シーズンにもう一度スキーに行くことになりそうです。

・・・俺のブーツも買わないとね。

 

 

 

ひるがの高原スキー場

写真は一日目のひるがの高原です。





初体験

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote follow us in feedly

大阪きてから三週間。
昨日の夜から今朝にかけて、初めて熟睡した(できた)気がします。

 

今までは、携帯の目覚ましが鳴る30分〜15分ぐらい前に一旦目が覚めて、二度寝してました。

でも、今朝は目覚ましが鳴るまで熟睡。

単に疲れてただけかも知れないけどね。

 

 

 

昨日の夕飯。

フライパンでカレー

フライパンでカレー。
一人分にはちょうど良かったです。





USBメモリウイルスの感染にご注意を!
ウイルスからMacを守るウイルス対策ソフト「ESET Cybersecurity」

楽天トラベル株式会社


スポンサードリンク

Search

ブログ内を検索
follow us in feedly

Profile
よさブログFacebookページ

管理人
印刷会社のデザイナーとして10年勤務後、ソフトウェア会社に転職という変わり者

趣味
B'z・サッカー観戦・スノボ・ショートスキー・アウトドア全般・写真(デジカメ含む)・パソコン・デジタル機器・雑学

解説

免責事項
表記している価格は調査時点のものです。正しい価格は iTunes 内の表示価格になりますので、アプリケーションの購入前には必ず iTunes での価格をご確認ください。

ブログ内で書いている各種操作は、私の環境で起きた現象です。各種操作は自己責任で実施願います。
track feed 今日のひとりごと yosablog