以前にもご紹介したことがある、この方法。
iOS7になって、微妙にやり方が変わっているので、再度ご紹介します。

無料でできる!脱獄しなくても、アプリをランダムに並べる方法を試してみた。
今日のひとりごと yosablog : 無料でできる!脱獄しなくても、アプリをランダムに並べる方法を試してみた。


iOS6の頃は重宝してました


スポンサードリンク
 




おおまかな手順


まずは、簡単に手順をまとめると、以下になります。

1.視差効果を減らす
2.背景画像のスクリーンショットを撮る
3.無料サービス「iEnpty」と言うサイトでアイコンを作成
4.アイコンをホーム画面に追加
5.アイコンを配置

では、順にやってみましょう。



1.視差効果を減らす


iOS7からの新機能、視差効果があるとダメです。
必ず「視差効果を減らす」にしましょう。

設定アプリ → 一般 → アクセシビリティ → 視差効果を減らす
5057

0207





2.背景画像のスクリーンショットを撮る


まずは通常通りに背景画像を設定。
どれでも良いので、アイコンを長押しして、アイコン移動モードに。
29

左にスワイプして、最終ページを表示。
この状態でスクリーンショットを撮ります。
34



3.無料サービス「iEnpty」と言うサイトでアイコンを作成


※Safariで実施してください。
以下のURLにアクセスしてください。
http://iempty.tooliphone.net/ 

英語サイトですが、手順通りにやれば難しくはありません。

CUSTOMIZE! → CUSTOM Mode
31 36

Modify → ファイルを選択をタップ
42 47

先ほどのスクショ画像を選び、Upload Photoをタップ
51 01



4.アイコンをホーム画面に追加


元のページに戻りますが、少し下にスクロールすると、↓の様な画面が出てきます。
自分が空白にしたい場所をタップ
23

Safariの操作アイコンをタップし「ホーム画面に追加」を選択
31 36

名前は付けずに、追加
28

ホームにショートカットアイコンが作成されます。
空白にしたい部分を同じ操作で作成します
08 30



5.アイコンを配置


該当の場所に、作成したアイコンたちを並べれば完成です!
46




今日のひとりごと


iOS6の時に比べ、シャドウが無くなった分、より背景に溶け込むようになりました。
比べれば一目瞭然でしょう。
iOS6(左)と、iOS7(右)
39 46

脱獄をする必要もなく、比較的簡単にできるので、人とは違ったホーム画面にしたい人にはオススメの小技でした。

iOS6編、iPod touch編と合わせてどうぞ。
関連記事:無料でできる!脱獄しなくても、アプリをランダムに並べる方法を試してみた(iOS6編)
関連記事:無料でできる!・・・続編
関連記事:『Picup』で作った擬似透明アイコンを、簡単にコピーする方法


スポンサードリンク