4582443520148-280x300

先日書いたこの記事。

関連記事:アタッチメント要らずで望遠レンズ2.6倍を実現。

正直、2.6倍を舐めてました。
半分はネタとして買ったと言う感じでしたが、思いの外使えそう。
残念な部分も含めて、レビューします。



スポンサードリンク
 



scoop lens system 2.6倍望遠レンズの中身


送られてきたパッケージはコレだけ。
結構レンズが大きいですね。
iPhone専用ではなく、大抵のスマホに適用できるようです。
47 30

と言うのも、その装着方法が一風変わっているから。
レンズ周りに、リング状の薄い金属板を貼付け、そこにマグネットでレンズを固定する方式なんです。
15

同梱品はコレだけ。
レンズ本体、キャップ、持ち運び用のストラップと、金属シールが二種。
46

まずはレンズ本体。
直径は3cmほど、高さは2.2cmほどです。
思ってたよりも短い。そして直径がデカい。
42

キャップとストラップはこうやって使います。
レンズ側とストラップ側の両方に磁石が入っているから、そうそう外れません。
むしろ外すのに、ちょっと力が要るぐらい。
磁気カードとか要注意ですね。
19 53

金属シール2種。左がiPhone用、右がAndroid用ですかね。
51



いざ、iPhoneに装着!


まずは金属シールをiPhoneに貼り付けます。
iPhone用のヘコみの部分が、センサーに掛からないように注意!
47

シールが貼れたら、レンズを装着!
iPhone本体と比べても、やはりゴツさがあるな〜。
07 41

磁石でくっついているとは言え、超強力ではないので、激しく動かすと外れてしまいます。
特に横方向には弱いな〜。ずれやすい。



scoop lens system 2.6倍望遠レンズの実力は?


とりあえず自宅内ですが、使ってみました。
先日ご紹介した「純米大吟醸 瑞雲 富鶴」を撮影したこの写真。
これだけ見ると違和感はありませんが、
31

実はノーマルレンズでは、こんなに遠いんです。
これだけでも2.6倍望遠レンズの実力が分かって頂けるのでは?
21



弱点はあるのか?


弱点というか、欠点というか、もちろんありますよ。

レンズがギリギリで設計されているのか、少しずれただけでも、下の画像の様なフレームが見えてしまいます。
25

ズレが大きいと、ピントすら合わなくなり、まともな写真が撮れません。
55

キッチリとレンズを合わせるには、まずは、レンズ側から覗くと良い。
この写真で分かるかな〜。
iPhoneカメラのレンズが、キッチリと真ん中に収まるようにセッティングしましょう。
こうすれば、画面側で見てもフレームも出ていないはず。
画面側で見ながら調整すると、ちょっとやりにくいです。
06 05


もう一つ、個人的には最も残念だったこと。
olloclip 3-in-one Lens」が装着できなくなってしまうんですね〜。

olloclip 3-in-one Lens」と言えば、このブログでも何度も登場する、超お気に入り&超オススメのiPhone用レンズ。


金属シールをレンズ周りに貼る関係で、「olloclip 3-in-one Lens」がハメれなくなってしまうんです。
17

olloclip 3-in-one Lens」も、本体の厚みギリギリで設計されているからな〜。
この望遠レンズのシリーズの広角レンズを購入するのが、現実的な回避策かな?

olloclipさんが「olloclip 3-in-one Lens」と同じ方式の望遠レンズを出してくれるのが一番いいんだけどね。



今日のひとりごと


先日のボーリングの写真も、このレンズを使って撮影してます。
たかが2.6倍でも、やっぱり結構違いますね〜。

もうしばらく使ってみて、「olloclip 3-in-one Lens」と「scoop lens system」のどちらを使っていくか、決めたいと思います。